無題ドキュメント


Amazon Payが使えるようになりました!
※Amazon Payと当店アカウントを連携させないと
ポイントが付与されません。 詳しくはこちら>>


 
 
 



baico-navi

 

10回以上ログインに失敗すると、ログインフォームに「一時的にログインを
禁止に しています」と表示されますのでご注意ください。
※自動返信メールにて解除案内をご連絡いたしますのでご確認ください。

はじめてご利用の方へ
新規会員登録はこちら
会員規約
ご利用案内
特定商取引法表示
プライバシーポリシー
お買い物の方法
返品・交換について


   
注文履歴
保有ポイント確認
メールマガジン登録/解除

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
会員登録で300ポイントプレゼント>>
 
愛車とバイクコーデの写真募集中 >>
 
可愛い無料ラッピング承ります♪>>
 
ウェア・ヘルメットサイズの測り方>>
 

56design
72JAM HELMET
ACE CAFE LONDON
ALPHA
alpinestars
AngelHearts
Arai
AVIREX
BATES
Baicoオリジナル
BSA
BUCO
BUGGY
Clever
DAMMTRAX
DAYTONA
DEGNER
DRAGON BEARD
elf 
FIVE
FREE×FREE
GLOOVE
GOLDWIN
GREEDY
J.B.S Tokyo
香三堂
KADOYA
KOMINE
maxfritz femme
METS'Z
mobus
MOTO FIELD
NHRA
nomadica
OGK
POWERAGE
リード工業
RIDEZ
RossoStyleLab
ラフ&ロード
RSタイチ
S.O.A.B
seal's
しゃぼん玉
SHOEI
SIMPSON
SPEEDPIT
SUOMY
TucanoUrbano
Tricepuot
uglyBROS
vanson
VonDutch
WILD WING
ZERO
 

 
 
 
 
レザーアイテムのメンテナンス方法

レザーアイテムのメンテナンス方法

「本革のジャケットを着てみたい!でもお手入れが難しそう…」そんな方にオススメなレザーアイテムのメンテナンス方法をご紹介!着用する前の事前準備や、濡れてしまった時、また万が一カビが生えてしまった時などの対処法です。正しいお手入れで、お気に入りのレザーアイテムを長く愛用しましょう。

 レザーアイテム着用の事前準備

レザーは水に濡れると変形したり、カビが繁殖しやすくなります。
革が乾いていく段階で水分と一緒に油脂分も抜けていくので 濡れたままで放置してしまうと繊維が縮んで硬くなったり、 変形や変色、シミになってしまうことがあります。
突然の雨などに備えて着用前に防水スプレーを活用するなど、 事前の雨対策がオススメです。

 日ごろのお手入れの仕方

使用後は表面の汚れを柔らかい布で乾拭きして、風通しの良い場所に保管してください。
凹凸感のあるパーツは、ブラシ掛けで対応。平坦な銀面パーツは、水またはぬるま湯を用い硬く絞った濡れタオルで、
製品全体(または汚れが目立つ部分)を優しく拭き上げでください。

裏地も処理するとより清潔感がキープできますよ。
裏地は、少量の中性洗剤を混ぜた水溶液を用いて、レザー面と同様の処理方法でOK。

乾燥が気になる時は、革質に合ったメンテナンスオイル等を薄く丁寧に塗ってオイルアップを。
メンテナンスオイル等の過度な塗布もカビやシミの原因になるので 手にオイル等がつきすぎている場合にはこまめにタオルで拭きとりながら行ってくださいね。

メンテナンスに最適なラナパートリートメント
2,982円
3,240円
2,160円
514円

 レザーアイテムの長期保管方法

(1)革表面のほこり等を柔らかい布で乾拭きし、汚れの酷い部分は布を水に濡らし固く絞って拭き取ります。

(2)乾燥が気になるようならごく薄くメンテナンスオイルを塗ります。
塗りすぎるとカビの原因となるため、薄く丁寧に塗ってください。

(3)オイルを塗りこんだ後、表面を乾拭きして磨き余分なオイルを取り除き
風通しの良い場所で十分に乾かします。

(4)最後に形を整えてから高温多湿を避け、通気の良い場所で保管して下さい。
保管時には、不織布カバーのご利用をお勧め致します。 通気性が損なわれず、
防塵、色移りを防ぐメリットがあります。

※長期間使用しないとトラブルの原因に繋がり易いです。
できれば1〜2ヶ月毎にクローゼットから出して、
新鮮な空気に触れさせることをお勧めいたします。

 濡れた時のメンテナンス方法

レザーを濡らしてしまった場合は、乾いた布で十分に水分を拭き取って下さい。 レザーを叩くようにして上から布で
水分を吸収させていくと良いです。

その後、形を整えて風通しの良い場所に陰干しします。 半乾きの状態でメンテナンスオイル
(ミンクオイルやクリーム等)を薄く塗り、 形を整えて再度風通しの良い場所で十分乾燥させてください。
水分を吸収できるものを詰める場合、新聞紙などはインク移りをするので注意が必要です。

濡れすぎた場合、裏返して日光浴をさせることも 殺菌効果がありカビ予防に繋がりますが
長時間日向に放置すると 乾燥のし過ぎや紫外線のダメージを受けやすくなるので 様子を見ながら行ってください。

 カビが生えたときのメンテナンス方法

うっかりカビを生やしてしまったら、水に濡らして固く絞った布でカビを丁寧に拭き取り、
拭き終えたら風通しの良い場所で十分に乾燥させましょう。


スエード革の場合には、毛先の柔らかいブラシを使ったブラッシングで除去できます。
細かい箇所には歯ブラシや綿棒を使うことも効果的です。
この作業で表面に生えてしまったカビであれば除去できます。

カビが再発生するような場合には、菌糸が革の内部に入り込んでいる可能性が高いです。
その場合、完全に取り除くのは困難になるため、
専門の革製品クリーニング店をお探し頂き、ご相談をお願い致します。
 


フッター