バイク女子の防寒対策
バイク女子の防寒対策

寒い季節のバイクは、つらいもの? 

バイク女子の防寒対策

寒い季節は、バイクに乗ることをためらってしまうという人も多いですが 防寒ウエアやグッズを効果的に使えば、寒さを軽減することは可能なんです。

暖かい季節であれば装備は手軽で、体も気持ちも心なしか軽いですが 冬はライディングウエアを着込んでも走り出せばすぐに体が冷え、必然的に休憩も多くなります。
そうなると、近場ならまだしも長距離ツーリングはちょっと・・・と考える方も多いのではないでしょうか。

そんな冬のライディングでは低い気温と、体温を下げて行く“風”が大敵。 気温が変わらない場合でも、風が吹けば体感温度が下がるため、体は冷たく硬くなります。
そのため、常に走行風という風にさらされているライダーは、いかに体温が奪わないようにするかが重要なんです。

防寒ウエアやグッズを効果的使って寒い季節のライディングも快適に楽しみましょう!

   

まずは体感温度を知ろう!


風を防ぎ体の保温も行う防寒ウエアは、素材や種類も様々。
何からそろえたら良いのかわからない!!というときは
自分がどのような状況でバイクに乗ることが多いのか考えてみてください。

街中の通勤と高速道路もガンガン走る長距離ツーリングでは 同じ気温でも体感温度がまったく違います。
この体感温度を知ることで、自分がバイクに乗るときに どの程度の防寒対策をしたら良いのか、見当がつくはずです。
意外と低くてびっくりすることもあるかも知れません。



防寒ウエアやグッズの選び方


凍てつく風の中を走るライダーズウェアは
保温性防風性透湿性と様々な性能があります。
まずは冷えの要注意ポイントをカバーした上で、
自分にあったウェアやグッズを選んでいきましょう。

各メーカーが発売している高機能素材を使ったウエアやグッズは
基本となる素材に同じものを使いながら、インナーや中間素材を変えることで、 それぞれ保温性能に差をもたせるなど、
自分のバイクライフにあわせ選ぶことができるようになっています。
すでに持っているウエアやグッズと上手く組み合わせることで、
予算を抑えつつ効果的に防寒することができます。


冷えの要注意ポイント


首、手首、足首と『首』と名の付くところは要注意。
この部分は血管が体の表面近くを流れていて、体温が奪われやすくなります。 また、指先と足先は心臓から遠く、血行不良も重なってより冷えやすくなるのです。
ただ逆に言えば、それらの部分を温めればより効果があがるということなのでこのポイントは必ず暖かくしてくださいね!

ネックウォーマー
ソックス

【インナーのポイント】


体に密着するインナーを選ぶときは、乾きやすい素材が断然お薦め。
濡れたウエアは体を冷やすので乾きにくい綿素材のTシャツなどは避けたほうが無難です。
ウェアに使用されている高機能素材はそれぞれ特性がありますので
ウェアやグッズを選ぶ際の参考にしてみてくださいね!

ヒートジェネレーター

ウエア自体が発熱して暖かくなるヒートジェネレーター。
体の発汗を利用して、気体が液体に変わるときに発生する 熱エネルギーを効率よく貯め込むことで、 あたかもウエアが発熱するように感じる、というもの。
体からの湿気を吸着して発熱させるため、 体にピッタリフィットしたものがお薦めです。

ウインドストッパー

ウインドストッパーは、薄いフィルム状の生地で、 風をシャットアウトしつつ微細な孔から汗を水蒸気として放出する、といもの。
寒冷で過酷な状況でも人間の体は常に汗をかいているので 透湿性が低いとこの汗がウエア内で結露し、体を冷やす原因となってしまうのです。
冷たい風はできるだけシャットアウトしてくださいね。

サーモトロン

ポリエステル繊維に炭化ジルコニウムなどのセラミック粒子を封入したもの。

セラミック粒子は、太陽からの遠赤外線を吸収し、熱エネルギーに変換すると同時に 人から発生する波長の長い遠赤外線を反射し、保温効果を維持。
二つの効果で効率的に体を温めてくれるます。

素材特性として伸縮性がありフィット感が高いので タイトなジーンズやグローブの下などにもOK。

▽インナー特集へ▽

【ミッドレイヤーのポイント】


平たく言えば「中間着」のミッドレイヤー。
このミッドレイヤーの役目はインナーで作り出した暖かい空気を しっかり確保し保温するということ!
使用される素材は、化学繊維の中綿とダウン。
化学繊維の中綿は扱いが楽なのと価格が比較的お手頃ですが
ダウンはコンパクトに収納できて保温性がとても高いので
用途に合わせて選んでみてくださいね。

ウォームマックス

一般冬物衣料で使われる化繊綿や天然綿に比べ、 軽量かつ保温性が高い化繊綿がベースになるウォームマックス。
冷えの原因となる湿気も効率よく放出してくれ、 コストパフォーマンスも優れているので、 安く防寒性能をアップしたいという場合にオススメ。

ダウン

高い保温性が魅力のダウンは、 体から出る汗を放出してくれる機能を持っているため、バイク用ミッドレイヤーにも最適です。
軽いので洋服の厚着で肩が凝る、重たい!という場合にも◎。





【アウターのポイント】


アウターといえばとにかく防風効果!!
素材としては、レインウエアでおなじみの素材が使われ、 防風・防水・透湿性能を持った薄いフィルムを表地生地と
裏生地の間にサンドイッチ状にしているので価格は若干高め。
その分高機能な製品は雨でも着用することができるので オールウェザージャケットとしても活用できちゃいます。

ゴアテックス

言わずと知れた、防水透湿素材!
ご存知の方も多いのではないでしょうか。
無数にある微細な孔の大きさは水滴よりもはるかに小さく、 ウエア内部の水蒸気を放出しながら、
雨粒などが外側から浸入することを防ぐという素材。

汗冷えなども防いでくれますよ。

ドライマスター

レインウエアでも使用されている防水透湿素材です。
水滴を通さず、水蒸気は通すという小さな孔をもつ ポリウレタンがベースの微多孔膜です。スゴイ!
体から発散する汗を外に逃がしてくれるので、
スポーツライディングにも最適〜♪

天候の変化に臆すること無くライディングを楽しめます。






【ボトムの防寒】


ついつい上半身に偏りがちな防寒対策ですがオーバーパンツやウィンターパンツなどのボトムの防寒も是非チェックを!
そのまま街歩きもできるカジュアルな防寒パンツやダボつきの少ない オーバーパンツなど選択肢は様々。
寒さに弱いという方、真冬もバイクに乗らなければいけないという方は 1つはもってると◎!!

オーバーパンツ

基本的にはパンツの上に着用するよう作られたパンツ。
オーバーという名前の通り、 着用時のボリューム感は多少出てしまいますが 防風性に優れ暖かさはピカイチ。
くるっと巻くだけのタイプやサイドジッパーで
着脱簡単なものもあります。

ウィンターパンツ

冬用のボトムス。基本的に直穿きで着用するように作られたパンツ。
街歩きでも違和感の無いデザインが多いので短距離移動ならOK。
オーバーパンツと比較すると暖かさは劣りますが
それでも一般のパンツより断然暖かいです!
インナーパンツなどとあわせると保温性もグッとUPします。

▽パンツ特集へ▽









SHOPPING GUIDE